読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurashito~暮らしと

暮らしが幸せになるためのことを、日々追究しています。

ワッフル日和

ワッフル日和

 

たまには街でひとりワッフルでも。

お気に入りの美容室を出たら、陽射しが痛くて。

雲と雲とを、渡り歩くようになったのは、いつからだっけ?

新しい髪型の手触りを確かめたら、いつものスーパーの買い物メモはしまって、ちょっと目線を上げて。

 

ここ数日、暑い中、忙しい日が続いています。

 

多分今日が最後。

 

とびきり甘々の、黒蜜ときな粉と抹茶とマロンとアイスのワッフル。

 

久々の街は、ちょっとだけ変わっていて、台湾のかき氷屋さんとかできてて。

でも、いつもの白いリネンの雑貨屋さんは、そこだけ凛として、ずっと変わらない。

昔の彼氏が夜中働いていたオンボロのビリヤード場が、とうとう無くなっていて。

 

今の35歳の日常と、思い出の時間が、ここには、層のように同時に存在していて。

今の私と、あの頃の私、の、境目が分からなくなってきて、痺れる。

なんだかものすごく遠くに来ているようなぼんやりのまま、嘘みたいに甘いワッフルを咀嚼して、思う存分、街に食べられたら。

 

あの頃泣きながらとった免許で、冗談みたいにハンドルを握り、想像もできなかった峠の向こうの田舎の家に、帰ります。

 

また、一人で、食べに来よう。 

 

 

 

広告を非表示にする