読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurashito~暮らしと

暮らしが幸せになるためのことを、日々追究しています。

AJICOとドライブと秋の空。ほろ苦キャラメルマキアート。

キャラメルマキアート

昨日は、髪を切りに行ってきました。

まだ日射しは強いけど、さらさらとして、一か月前とは全然違う街の空気。

 

いつものお気に入りのコーヒースタンドがあります。

ここのコーヒー、ほんっとに、幸せになります。

エスプレッソドリンクなんですが、○タバとか、行く気になりません。

日本一をとったバリスタさん、元パティシエさんなので、キャラメルマキアートのキャラメルは、お店で炊いていらっしゃいます♪ほんとにおいしい♪

前回までアイスカフェラテだったのに、昨日はもうキャラメルマキアート

秋を感じます。

 

 片道一時間ほどの運転、無性に聞きたくなりました。

AJICO SHOW

AJICO SHOW

 

 

AJICO SHOW [DVD]

AJICO SHOW [DVD]

 

 

 2000年前後に、アルバム1枚、ツアー1回、という限定で結成された幻のバンド、アジコ、です。

ボーカルはUA、ギターはベンジーことブランキージェットシティの浅井健一、ベースはTOKIE姉さん、ドラムは椎野恭一です。

いろいろ省略しますが、私の青春は、UAで、今までで一番何回も聞いたアルバムは、アメトラ。 

アメトラ

アメトラ

 

 

AMETORA ’98 [DVD]

AMETORA ’98 [DVD]

 

 

 で、偶然、お互い知らない間の同時期、夫もベンジーが大好きで。

そんなこんなで、二人でカラオケにいくと、今でも、やっちゃいます。

AJICO - ペピン - YouTube

 

ま、それは置いといて。

 

 

AJICOのライブ盤、『AJICO SHOW』を聞くたびに、「バンドっていいよなぁ」と思います。

 

中学の頃から下手ながらもギターを弾いていた私。

大学に入って、友達と、超ゆるそうなバンドサークルに入りました。

バンドサークルとは名ばかりで、一度も楽器に触らない女子がいたりとか。

テキトウにやるつもり、でした。

でも、その年の部長さんが、結構なワンマンで。笑。

 

私は一応下手なりギターだったのですが、一緒に入った初心者の友達にはドラム、別の子はキーボード、かけもちで忙しい子にはボーカル、そしてひとりだけベースのうまい男子をあてがって、バンドを組ませられました。

そして、入学して初めての秋、ちょうどこんな青い空で日射しだけが痛い、サラサラとした木漏れ日がまだ半袖の素肌をなでる日、学園祭の野外ステージで発表をさせられたのです。

 

もうヘタな私たちには、超あり得なかったのですが、それでもステージに出るために、昼休み、放課後、夜中、休みの日、と、部室に泊まり込んだりしながら、練習しました。

昼休みは、他の部員や楽器のできない先輩たちも心配して、部室にきてくれたりして。

みんなの応援をうけて。

それで迎えた学祭当日。

 

イントロは、ギターの短いソロフレーズでした。

私のへっぽこエレキからエフェクターとPAとアンプを通って出た音が、しゅわ~~ん、と、どこまでも高い青空に吸い込まれていったのです。

演奏は、一番頑張った初心者のドラムの子が、緊張のあまり走ってしまい、テンポが超早く。笑。

でも、最後まで3曲、演奏やりきりました!

 

下手なりにも、みんなの呼吸が、タンっ!ってあって、それぞれの音が重なって、重厚感を増して、どどーってなった瞬間、180度天空にぱーっと放たれる自分たちの音楽。

忘れられない思い出になりました。

 

ワンマンな部長さんでしたが、部長さんのおかげで、自分だけでは到達できない野外ステージの気持ちよさ、というものを経験させてもらって、今では感謝しています。

 

どこまでも高い秋空の下、バンドの音をきくと、今でもその感覚を思い出します。

 

35歳になって、そんな、ワンステージ上げてもらった18歳の秋の自分を懐かしく思いながら、田舎の町から美容院へ。

そんなAJICOとの、ほろ苦思い出ドライブでした。

 

 

広告を非表示にする