読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurashito~暮らしと

暮らしが幸せになるためのことを、日々追究しています。

「はつか大根ミックス」を買いに、わざわざ隣町の小さな園芸店へ。UA『ハルトライブ』

はつか大根ミックス

わざわざ、隣町の、小さな園芸屋さんへ。

今日は、車で30分、隣町の小さな園芸屋さんに行ってきました!

実は、我が家から車で3分のところに、大きなホームセンターもあるのです。
でも、夫が通勤中に見かけた隣町の小さな園芸屋さんに通って、もう3回ほど。

1回目は、5月の末ごろ、種を買いに。
2回目は、それからすぐ、用土を買いに。
今日は、3回目。

この夏、そこで買った種から、ズッキーニ、バジル、ミント、ニラ、ネギ、イタリアンパセリ、リーフレタス類など、たくさん育てました。

 

使う分だけ、いつでもとれたてで、薬も一切使わないハーブやお野菜たち。
育てるなかに喜びがたくさんあり、実際に体でしか学べないことをたくさん学び、もちろん、我が家の食卓も、大いに助けてもらいました♪ 

 

 

 

 

kurashito.hateblo.jp

 

今日は、秋冬の栽培のために、また種をひとつ、買いました。

上の写真の、「はつか大根ミックス」です。 

 

小さな園芸店のお姉さんに、わざわざ、会いに行く。

そこのお店、特別レアな品種が売っているわけでも、モノが激安な訳でもありません。
わざわざ隣町まで、あるひとりの店員のお姉さんに、会いに行くのです。

初めてそこで種を買った時から、とても信頼できる店員さんだと感じました。

どんなものを作りたいのか、今どんな道具や鉢を持っていて、どんなふうに作りたいのか、有機か化学肥料か、そのために要るものや、間引きや成長にしたがってどんなことをしたらいいのか、など、どれから聞いていいか分からないようなことを、いちから親切に教えてくれました。

近所の大きなホームセンターでなかなか出会えなかった、ホスピタリティ。

何も私にだけそうなのじゃなくて、たいがいお客さんはお年寄りが多いのですが、耳が遠いお年寄りにも、重いものを車まで運べないお年寄りにも、的確に応対されています。

 

お姉さんと、盛り上がる!

今日は、あのとき買ったズッキーニの種から、何とか収穫できましたよ、とか、バジルでたくさんペースト作りました、とか、この夏の事を色々報告しました。
お姉さんは、パッと顔を輝かせて、自分のことのように喜んでくれて、そこからワイワイと盛り上がります。
「だって、全部、自分で作れるんですよ。やっぱ、スゴくないですか~?!」
と、ちょっと興奮気味なコメントは、私ではなく、お姉さんのコメント。

いつまでも、新鮮な喜びを忘れない、ワクワクで仕事をされている姿。
ここで買ったものはきっと、スクスク育つに違いない、また来よう、って思っちゃいます。

 

お姉さんのセレクトは、買いたいと思う。

そんなワイワイ話から、この秋のお姉さんのオススメは、はつか大根 ミックス でした。

前回買って植えたグリーンリーフのミックスは、お姉さんのアドバイス通り、まだ種を残してあるので、それを植えるとして、こんなおもしろいものもあります!とのこと。
どうやらコンテナで育てやすいプチにんじんもあるようですが、こちらのほうが早く育つし、ということでした。

ラディッシュや、小さな大根たち。
ちょっとサラダに入れたり、ちょっとスープに入れたり、ちょっとピクルスにしてみたり、食卓がかわいくなりそうです!!!

夏のコンテナの土を再生利用するための改良材も、オススメされたので、購入しました。最初に土を買った時、「再利用するつもりがあるなら、この上質な方の土をお勧めします」と、お姉さんが教えてくれた土で栽培していたので。

さらに今日は、栽培中のニラが、もしとう立ちして固くなって花がついてしまったら、株分けをすれば復活する、という技も教えてもらいました。
無知な私は、とう立ちしてしまったら、もう抜いて新しく植えるしかないと思っていたので、びっくり!もうニラはずっと買わなくていいですよ!とのこと。

「花もいいけど、やっぱり・・・食べられるの、いいですよねぇ!?」

と、屈託なく笑う、何かと話のあうお姉さん。

やっぱり、植物は、そんなお姉さんの店で、買いたい!

 

私がこちらの町のホームセンターではなく、わざわざこの店を選んでいることを知っていて、それを誇りにも思ってくれているようです。

もっといろんなものに対して、そんな店の選び方ができたらいいなと思います。

 

 

ドライブミュージック

今日のドライブミュージックは、UAのハルトライブでした。 

ハルトライブ

ハルトライブ

 

園芸屋さんのある隣町は、南側へ開けた斜面にあります。

日中はまだまだ30℃近く。

南へ向かって田んぼや山道をぬけていくとき、じりじりと日射しが射します。

UAが沖縄に移住してからのライブアルバムなので、南の太陽へ向かって進んでいく時に必要なアグレッシブさ、パワー、テンションや、アレンジのこなれ・くずれ具合(?)や、総合的に、これがベストでした。

あまりいつもは聞かないんだけど、今日はガチハマり!

 

初期の頃からのジャジーなセルフカバーで、結構激しいアレンジが多いのですが、最後の2曲の即興的アレンジは、原曲をしのぐと思います。 

ミルクティー

ミルクティー

  • UA
  • J-Pop
  • ¥250

 

太陽手に月は心の両手に

太陽手に月は心の両手に

  • UA
  • J-Pop
  • ¥250

 どちらも懐かしい曲。

 

昔の自分自身を恥ずかしがるのを超え、ひと味アップグレードさせて再現、してみたいものです。

 

 

広告を非表示にする