読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurashito~暮らしと

暮らしが幸せになるためのことを、日々追究しています。

ムカデに刺されたら、どうする?!自分でもできる自然な治療と対策。

レスキューレメディと、レスキュークリーム

ムカデに、刺されました。正確に言うと、噛まれました。

 

※今、刺された・噛まれた方は、ここは飛ばして、0.からどうぞ!

 

それは、昨夜遅くの事でした。
町中育ちの私が、初めて田舎に引っ越してきて10ヶ月目が終わろうとする日の夜。
生まれて初めて、目の前で生ムカデを見て、しかもそれは、すでに私の右足の薬指あたりを噛んだ後だったのです。

はぁー衝撃でした!

仔細は、ハロウィンも真っ青なリアルホラーで無駄に読者のみなさんを怖がらせても意味がないので、ここでは割愛します…。

でも、ほとんど腫れずに、痛みもすぐに引きました。
今日も何の支障もなく(寝不足をのぞいては)家事も運転もできて、何事もなかったかのようです。
ムカデの毒への耐性とかの体質もあるのでしょうが、西洋薬を一切使わない直後の対処もよかったのかもしれないと思うので、こちらに書き残しておきます。
参考になるとうれしいです!というか、一生、この記事を参考にすることが起こらないのが、一番です!

 

【ムカデに刺された(噛まれた)!と思ったら、自分でもできる、自然な治療と対策。】

 
0.まず、吐き気や呼吸困難など、内科的症状(アナフィラキシーショック)がないか、確認。

~ムカデの毒もまれに、ハチと同じように、アナフィラキシーショック(抗体の過剰反応によるパニック症状)を起こすことがあるそうです。
患部の痛みや腫れ、驚きなど「以外で」何か症状があるときは、救急外来へ。

 

1.レスキューレメディを、口内に4滴たらす。

緊急時のための「レスキューレメディ」を、まずとります。

レスキューレメディ 10ml

レスキューレメディ 10ml

 

 口の中(舌の下など)に、合計4滴たらします。
パニックや恐怖、意識が遠のく感じなどを落ちつけ、正しい対処がとれるようになります。

 

バッチフラワーエッセンス、というものをご存知でしょうか?
自然の植物などの力を取り出したフラワーエッセンスという液体を、スポイトで摂取するものです。

本場イギリスでは、救急隊員が常備しているんだそう。スーパーマーケットなどでも手軽に買えて、多くの人がセルフケアに使っているんだそうです。

まずは、緊急のショックをやわらげて、落ち着きましょう。

なお、その後もとりたい時に継続して何回かとってOKです。

 

2.熱めのお湯(42℃以上)を流しながら、患部に10分ほどかける。

ムカデの毒はたんぱく質で、お風呂より熱めの温度なら、たんぱく質が変性し、毒性が不活性化するそうです。
温度が低かったら逆効果ですので、ぜひ、やけどせずガマンできる範囲で熱めのお湯を、10分ほど流しっぱなしにして患部にかけましょう。

なおその後、弱酸性でないシャンプーで洗うといいという説も。

 

3.レスキュークリームを塗布しておく。
バッチフラワーレメディ レスキュークリーム 30g

バッチフラワーレメディ レスキュークリーム 30g

 

 1のレスキューレメディに、さらにクラブアップルが加わった、クリームです。
レメディと同じく、強いパニックや恐怖を伴ったりするトラブルによく効きます。

のびがいいサラっとしたクリームなので、お湯で流した患部を拭き、すっと塗れると思います。

私はこの時点で、痛みがほとんどなくなりました。

病院などでは、ステロイド軟膏や、家にあれば虫さされの白い軟膏(ムヒなど)を塗ることを勧められます。
レスキュークリームの後でそれらを塗ってもいいかもしれません。

(この辺りで2度目のレスキューレメディをとるといいです)

 

4.化膿活点の愉気をする。

刺された側の(両方やってもよいです)、上腕部の外側、真ん中あたりに、筋肉のくぼみがあると思います。そこを、反対側の手のひらで、優しく包み込むように触れます。

ぎゅっとするのではなく、本当は紙一枚はさむ程度の力ですが、刺されたときは、触る手も緊張しているので、なかなか難しいものです。なので、とにかく触れていればいいです。そのうち緩んできたら、力を抜いていけばいいです。

手のひらが触っている、というより、腕が触られている、というほうの感覚を感じます。または、あったかいなぁ、でもよいです。しばらく触れて、心身が緩んでいくのを感じます。

手を当てているのが苦痛に感じるときは、離してください。
ウーン、とがんばってやっても、まったく効果がないです。
あったかいなぁ、気持ちいいなぁ、が一番です。
タイミングを見て、また触れてみてください。

ちょっと落ち着くために、あたたかいものを飲んだり、ソファやベッドで楽にしたりしながら、もしくは、刺された処置が終わってから眠るときの布団の中でも、場所はどこでもできます。

もし病院に行っている場合は、待合で愉気しながら待つのもよいです。

介護者がいらっしゃるときは、何もできることがない時間、触れてもらうのもいいです。

ムカデに刺されたことで、知らず知らず体も緊張し、免疫を活性化させて、神経がピリピリしていると思います。
化膿活点は、文字通り、怪我や病気で化膿、つまり免疫が戦う状態のときに敏感になる場所で、何かあるときすぐ愉気するといいポイントなので、覚えておくといいです。

緊急なとき、どこでもできて何も道具の要らない野口整体愉気は、効果絶大です。

 

また、「尾てい骨」と呼ばれる、仙骨のあたりも愉気しておくと、予後がいいと思います。

 

5.冷えとり靴下をはいて、あったかくして寝る。

絹・綿・絹・綿、と、絹と綿の靴下を交互に4枚以上履いて、冷えをとり毒を出す、「冷えとり靴下」というのがあります。 

日頃からが大事ですが、こういう心身がパニックになり、毒を排出する必要があるときにはまた、一段と心強いです。
私は秋冬だけですがいつもこれを履いていて、刺された夜もしっかりこれを履いて寝ることができました。何とも言えない安心感です。

 

以上、ムカデに刺された(噛まれた)時、私が行って、ほとんど腫れず痛みもなかった、自然な治療と対策をご紹介しました。

 

 

ちなみに、ムカデを見たのも刺されたのも初めてで、心配だったので、その後病院にも行ってみましたが、念のための痛みどめ(とコンビの胃薬)、アレルギー対策の飲み薬、塗り薬をもらっただけでした。
ですが、なるほど、と安心したので、行ってよかったです。

熱いお湯で流すなんて、当然知らなかったわけですが、とりあえずレスキューレメディを飲んで痛い足を押さえる私の傍らで、ムカデ退治をし、ネットで応急手当の方法を検索してくれた夫に感謝です。
駆除方法や予防的なこと、ムカデの生態など、とてもよく分かりました。

で、そういった情報サイト、たくさんあるのですが、見るところ見るところ、ムカデさんのリアルな写真を載せています!
たったいま刺されてパニクってる人が見るというのに、写真を載せるのだけはカンベンして欲しい…。
なんども心臓止まるかと思いました。笑。

マクロビ関連のお手当法では、生きたムカデを焼酎の中に漬けたら、ムカデの毒に一番効く薬になる!というなんともワイルドな情報も。
ゆ、勇気が…。
我が家では使っていませんが、ホメオパシーでも「焼酎漬け」と同じ原理なのでしょう、ムカデという名前のレメディもあるし、蜂に刺されるのと近いということで、エイピスというレメディを使ったりもするそうです。

 

最後に、ムカデを見たら(触れるようなことならもっと)、金運が上がるよ!という話もちらほら。
体張ったので、ぜひお願いしたいものです…。

 

 

参考

<レスキューレメディのバリエーション>

私は、いつもポーチに、レスキューレメディを持ち歩いています。
病院や歯医者に行く「前に」飲んでおく、とか、運転でヒヤっとした後とか、日常でレスキューレメディが使える瞬間は結構多いものです。
ペットのケアにも使われています。

自称もしくは他薦のビビり屋さん、チキンハートさんはもちろん、誰でも持っておいたらいいものじゃないかと思います。

最上部の写真には、緑色のレスキューレメディが映っていますが、イギリスのエインズワースというメーカーが作っているレスキューで、「リカバリープラス」といって、さらにいくつかのレメディが追加されているミックスです。 

やっぱり、ムカデへの恐怖で、今でもカサっと音がすると、ぎょっとして振り向いたり、ちょっとしたフラッシュバックになっています。
そういった分野が得意なのが、フラワーレメディなので、しばらくお世話になると思います。

 

日本では、手に入りやすいこちらでも十分いいと思います。 

レスキューレメディ 10ml

レスキューレメディ 10ml

 

 外出時使いやすい、スプレータイプもあります。

バッチフラワーレメディ レスキュースプレー 7ml

バッチフラワーレメディ レスキュースプレー 7ml

 

 液体に厳しい飛行機に乗る際や、旅行のときにオススメなのが、キャンディタイプです。私も旅行するときはいつも買ってポーチに入れています。味の種類もあります。 

バッチフラワーレメディ レスキューパステル オレンジ 50g

バッチフラワーレメディ レスキューパステル オレンジ 50g

 

 

バッチフラワーレメディ レスキューパステル ブラックカラント 50g

バッチフラワーレメディ レスキューパステル ブラックカラント 50g

 

 

 そして、外用には、クリームとジェルがあります。
クリームは、すーっと伸びがよく、肌トラブルにも。ただし、場合によってすごくしみる場合も。

バッチフラワーレメディ レスキュークリーム 30g

バッチフラワーレメディ レスキュークリーム 30g

 

  ジェルは少しヒンヤリして、マッサージにいいです。

バッチフラワーレメディー レスキュージェル 30g

バッチフラワーレメディー レスキュージェル 30g

 

 

また、不眠にターゲットを絞った、「レスキューナイト」シリーズもあります。 

バッチフラワーレメディ レスキューナイト 10ml

バッチフラワーレメディ レスキューナイト 10ml

 

 

バッチフラワーレメディ レスキューナイト スプレー 20ml

バッチフラワーレメディ レスキューナイト スプレー 20ml

 

 

今回、ムカデに刺されたことで、日頃から自分でできるセルフケアをやっていることは、とても大事だなと思いました。

すぐ手の届くところに、レメディがあったり、冷えとり靴下を履いていたりしたので、なんだか心強かったです。

 

ムカデに出会う事がないであろう人にも、日頃からのセルフケア、参考にして頂けたらうれしいです。

 

 

広告を非表示にする