読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurashito~暮らしと

暮らしが幸せになるためのことを、日々追究しています。

それぞれの美しい世界が在ることがうれしくなっちゃう、ショッピング。

ガレット・コンプレ

それぞれの美しい世界が在ることがうれしくなっちゃう、ショッピング。

 

夫の送迎が、終わりました!!!!!

今週の頭から自分で運転して出勤してくれるようになったのですが、それからしばらくぐったりと休養をとったり、お出かけしてみたり、やれなかった事をやったりしているうちに、あっという間の週末がやってきます。
ある意味とても濃い、ぜいたくな一週間を過ごさせてもらいました。

日常へ戻ってきて、ブログも再開です。

 

おとといは、久々に街へ。

夫は「どうぞどうぞ行っておいで~」と言ってくれ、夫の両親も「ゆっくり羽を伸ばしておいで~」と言ってくれて、なんだかとても幸せな身分の私。
生まれ育った街の、大好きな店だけを、ひとりで思う存分めぐる一日でした。

 

まずは、15年ほど切ってもらっている美容師さんの所でワイワイ話をしつつ、伸びていた髪を切ってから、おいしいガレットのお店へ。

上の写真。ガレット・コンプレ(galette complète)。
カンペキ、という名前を持つ、そば粉のおかずクレープです。
カンペキ、というだけあって、チーズ・生ハム・たまごの3大の具が包まれていて、そば粉の香ばしい香りとモチモチ感が味わえて、皮までおいしい。
本当に、幸せ!!!

デザートには、クレープを。

デザートには、クレープを。

フルーツに、メイプルシロップ、アイスクリーム、そしてそして有塩バター!
甘さとバターの味が、ベストマッチです。
こちらも皮までおいしくて。

後で好きなコーヒースタンドに寄るために、いつもここではほうじ茶を頼んでいます。
これがまた、丁寧に入れてあって、おいしいのです。

このお店、かわいい女性の店主さんがひとりでやっている小さなお店なんですが、オシャレとかカフェ風とかそういったものとは別に、隅々まで手をとどかせ、素材を本当においしく料理されているな、というのが伝わってきます。
なので、何カ月に一度、必ず足が向いてしまうお店です。
シードルを入れて生地を一晩寝かせたり、専用の焼き台を使ったりできないので、あのそば粉のガレット生地のおいしさは、やっぱりここでしか味わえません。

私が座った席に、偶然ディスプレイとして置いてあったのが、この本。

それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)

それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)

 

 とても長いタイトルですが、『それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)』。

運ばれてくる合間に少しだけ読んだのですが、これは!!!
出会ってしまったかもしれない。
おいしいガレットを作り続けている、あのかわいい店主さんが、この本を読んでいる、ということに、納得しきり。
ということで、すぐにアマゾンの中古を注文してしまいました。
届くのが、楽しみです。

 

そしていつものコーヒースタンドにも寄り。

カフェラテ

店を出て冷たい外の空気を感じながら、あったかいひとくちをすする瞬間、ほわ~っと広がる幸福感。
私がこの街へ出かける動機のもしかしたら半分くらいを、このコーヒースタンドのコーヒーがくれる幸福感が占めているのかもしれません。
コーヒー豆も買ったので、今度、家で夫と一緒にまたここのコーヒーの幸福感を味わえると思うと、幸せです。

 

道端には、凍えながらも春の気配が。

春の気配

 

 

久々に、大好きな趣味のいい雑貨屋さんにも行きました。
ワクワクしながら扉を開けると、そこには、期待を裏切らない世界が。

あと20年でアンティークの一点もののペーパーウェイトをはじめ、我が家に必要でベストマッチなものと出会いまくりました。

あと20年でアンティークの一点もののペーパーウェイト

 

アテコのターナー

studio m

 

この日に行ったどの店も、それぞれが在ることだけで、私はうれしくなってしまいます。

その店たちをめぐり、店主さんたちの見ているそれぞれの美しい世界を見せてもらうのが、とても幸せです。
私が好きな店に、どれひとつ、同じ世界はない。
その店だからこそ、その店主さんだからこそ、紡ぎだせる味、集められる物、醸し出せる雰囲気、どれもが本当に美しいし、それらが在ることだけでうれしくなっちゃうのです。

 

そんな世界に一つの美しい世界を我が家でも作りだすような、そんな暮らしづくり、幸せな暮らしの追究をしていきたい、と、改めて思います。

 

 

広告を非表示にする