読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurashito~暮らしと

暮らしが幸せになるためのことを、日々追究しています。

地鶏とごぼうの炊き込みご飯。冬が来た。朝の散歩。玄関から清々しく。

地鶏とごぼうの炊き込みご飯

地鶏とごぼうの炊き込みご飯。

朝晩の冷えが続きますが、あたたかな太陽には心が緩みます。
まだまだ新米がそのままでおいしい季節なのですが、秋ということで、ときどき、ほっこり和む、炊き込みご飯をしています。

栗ご飯や、米を浸水する水に少しだけ酒と醤油を入れてキノコを乗せて炊いただけのなんちゃってキノコご飯、ツナも炊き込んだり。
炊く時のいい香りがたまりません!

 栗ご飯の記事は、こちらから(↓)

 

九州南部には新鮮な地鶏を刺身で食べる食習慣があり、この小さな田舎町にも地鶏専門の小さな「かしわ屋さん」がいくつもあります。

 九州南部の郷土料理、鶏刺しについては、こちらから(↓)

近所のかしわ屋さんで鶏刺しを買ったとき、ショーケースの中に一緒に並んでいた、地鶏の切れ端。
切れ端でも地鶏は地鶏。
炊き込みご飯に最適で、旨みが強くておいしいのに、一袋100円!最高です!

地鶏とごぼうの炊き込みご飯

地鶏、ささがきして水にさらしたゴボウ、人参、小さく裂いたキノコを炒め、砂糖・みりん・醤油・黒酒で味をつけ、だし昆布を浸けて刻んだものを水ごと少々入れて、落とし蓋で軽く煮込み、味を調え、冷ましておきます。

灰持酒 黒酒 雑酒1 200ml

灰持酒 黒酒 雑酒1 200ml

 

matome.naver.jp

 

米を30分ほど浸水してザルにあげておきます。
小さなザルで具とだしを分けて、だしを足して少なめに分量を計った水と具を乗せて、いつものようにルクルーゼで炊きます。

地鶏とごぼうの炊き込みご飯

炊き込みご飯って、ほんと炊いてる時間が幸せですね。
ゴボウってほんとにいい香り!
おこげを作りたい時は、最後の強火で10秒のところを、気持ち長めに。

蒸らしてお椀によそってからゴマを散らすと、地鶏のダシが出た、おいしい炊き込みご飯になりました。
残ったご飯をおにぎりにして、翌朝の朝ごはんに。
冷めてもおいしいです。

 

具材を煮るといつも2人分には多すぎるので、だいたい半分をジップロックに入れて冷凍しておきます。
なのでいつでももう一度作ることができます。

今回は、袋にだしの量を計って書き込んでおきました。
次回作る時、水の加減がラクです。 

 

 

冬が来た。朝の散歩。

車のフロントガラスが凍る

先週の、ある寒い寒い朝。
この冬初めて車のフロントガラスが凍りました!

さすがにその日ではないけど、少し寒さが緩んだ別のある朝、ちょっとお散歩してみました。
いつもは買い物の帰りに車でひょいっと寄る、近所の有精卵の自動販売機まで、歩いてみることに。

すっかり夜も明け、大地が動き出しています。

朝の散歩。

まっさらな朝の空気。
土の匂い。
堤防の枯れ草。
少しずつ、冬野菜が育ちつつある畑。

そういえば、この集落に引っ越してから2年たちますが、集落の狭い道をゆっくり歩いた事はありませんでした。

 

まだ8時前でしたが、田舎のお年寄りは働き者!
軽トラの荷台にベルトをかけるおじいさん。
すでに頭からかっぽう着から軍手までフル装備で、なんとなく庭の畑に出てきたおばあさんたち。

車一台分だけの狭い集落の道で、おじいさんおばあさんから「おはようございます」と声を掛けられます。
私もできるだけ丁寧に挨拶を返します。
朝の挨拶はやっぱり気持ちいい!

でも、私はいつも散歩しているわけでもないし、借家住まいは集落の行事から免除されているので、全員と顔見知り、というわけでもなく、「誰だろう?」という目線も感じつつ、ちょっと気恥ずかしくもあり。

それでもなんだかうきうきと、ゆっくり景色を眺めながら7~8分で、いつもの有精卵の自動販売機に着きました。

朝8時でしたが、自動販売機には有精卵がフルで補充。
新鮮な卵を買って、マイバッグに入れて帰りました。
いつもよりも元気がもらえそうな卵たちでした。

 

 

玄関から清々しく。

清々しい玄関。

さて、11月中にがんばると決めていたNovember100チャレンジ、夫の繁忙期で私も睡眠不足になり、出かける用事があったりすると取り組めず、なかなか苦戦しています。

November100チャレンジについては、こちらから(↓) 

 

でも、今朝は、玄関のドアを拭いてみました。

我が家は忙しい日でも基本毎朝、全部屋の掃除をしています。
その中で、玄関ももちろん毎日、掃き掃除の後、玄関のたたきを雑巾で拭き掃除しています。

玄関の拭き掃除 についてはこちらから(↓)

 

今朝は、朝の日射しに透けて見えた引き戸の網戸の汚れが気になったので、たたきの拭き掃除に加えて、雑巾を替えてドアまで拭いてみました。

所要時間3分ほどでしたが、スッキリ!!!
清々しい朝が、玄関から始まりました!

 

その後、靴だなの中の重曹とハッカ油も交換しました。 

自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

 

 

ハッカ油P 20ml

ハッカ油P 20ml

 
食品添加物 ハッカ油 20mL

食品添加物 ハッカ油 20mL

 
北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 20ml

北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 20ml

 

朝に玄関をきれいにすると、一日中、 清々しく過ごすことができました。

なんだかリフレッシュしたい日は、朝の3分玄関掃除、またやってみようと思います。

 

 

広告を非表示にする