読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurashito~暮らしと

暮らしが幸せになるためのことを、日々追究しています。

ワコール、ブラ・リサイクルの記念切手。満月のかけ流し温泉。格安切れ端でリッチ明太子パスタの作り方。春菊と豚肉のスイートチリ炒めの作り方。

ワコールのブラリサイクル、オリジナル切手

ワコール、ブラ・リサイクルの記念切手。

前回記事にした、ワコール、ブラ・リサクル。

古くなっていらなくなったブラを、全国各地のお店でもらえる専用の袋に入れてお店に預けると、燃料にリサイクルされ、記念切手と交換してくれます。www.wacoal.jp

早速昨日、店で切手と交換してもらいました。
なかなか見かけないような、かわいい切手です!

いらなくなったものが燃料に生まれ変わり、かわいい切手をもらう。
とてもうれしい循環です♪

 

 

満月のかけ流し温泉。

今日は、満月。
昨日と全然違う冷え込みで、冷たい風も吹きつけています。
昨日のうちに灯油を買ったので、やかんを乗せたストーブの火で、お部屋の中はあったかです。

f:id:kurashito:20151126180436j:plain

今日は、夫が一泊出張。
今朝夫の出発が早かったので、もう一度仮眠をとったり、いつもは飛ばしてしまう些細なところだけど気になってる部分をマイペースで片づけたりしてみました。
コンロ下や、紙類を束ねたり、大掃除が進みました。

そして夕方、思い立って、ひとりで近所の源泉かけ流しの温泉に行ってきました!
一人だと、湯船にお湯をためるのももったいないかと思ったり、温泉に行けば、少なくともバスマットは洗わなくていいし。
なんといっても、源泉かけ流しの、泉質のいいぬるめの好みのお湯にゆったり入れて、350円!
しかもありがたいことに、我が家から車で3分!

いつもの温泉セットを積んで車で3分、着いてみると、びゅうびゅうと雨交じりの冷たい風が吹き付ける中、あたたまりたい地元の人たちで混み合ってました。

こんな日は、地元のおばあちゃんたちは露天まで出ないのですが、やっぱり久しぶりだから私は露天に入りたい!
露天への出口の引き戸を引くと、一瞬寒さでうっと息がつまりましたが、そのままお湯へ直行。
湯船に入ってみると、冷たい風すらさわやかに感じるほどあったかく、芯からほっとします。これぞ天国です♪

珍しく露天まで出てきた地元のひとりのおばあちゃんと、年金とグラウンドゴルフについて話しながら(笑)、ゆっくり温泉を満喫しました。 

この地域のおばあちゃんたちは、70代でもまだまだ若くて、あまり太っていなくて、肌もつやつやしています。
子育ても終わって、細々だけど年金もあって、医者にかからないように始めたグラウンドゴルフが楽しくてしょうがなくて、こうやって温泉にはいって、「ほんとにしあわせじゃ~~」と、おばあちゃんの満面の笑み。

私も、「今日は旦那が出張で、ゆっくり温泉に来ちゃいました」と返すと、「たまにはいいでしょう、ゆっくりしなさい。うちはもう定年してから年中(旦那さんが家に)居るからねぇ」と、笑うおばあちゃん。
どのおばあちゃんと話していても、最後には、「若いっていいねぇ、これからだねぇ、がんばりなさい!」と、励ましてくださいます。

露天のかけ流しのお湯を顔にパンパンはたいてから、顔だけ拭かずに温泉美容効果狙いで上がりました。
満月の自然のパワーをたっぷり頂戴しました。
すっかりあったまったけど、外はびゅうびゅう北風。

こんなとき、スポーツ用のトレーニングウェアのウィンドブレーカー上下が本当に助かります。

 若干ガラ悪い???かもしれませんが、もともと寒い時期に外で運動するためにできているので、冷たい風を通さず、素材によっては発熱してくれて、動きやすくてあったかく、丈夫で、洗濯もしやすく、すぐ乾いてくれます。

温泉上がりはこれを着て帰れば、湯ざめしません。

冬のガーデニングや外での作業、朝寒い時間帯に窓を開けての掃除など、スポーツメーカーのウィンドブレーカー、冬場は家事に結構活躍してくれています。

 

 

格安切れ端でリッチ明太子パスタの作り方。

明太子パスタ

ということで、お昼もひとり。
ちょうどパスタが1人分だけ余っていたので、久々明太子パスタを作りました。

明太子パスタって、市販でソースがたくさん売っていますが、私は断然自作派です。
スーパーのもともと安い明太子が、さらに切れ端だけでものすごく安いもの、それで十分おいしく、市販のソースよりも濃厚リッチに作れるからです。

今日は、切れ端の明太子70円分ぐらいで、満足度の高い明太子パスタができました。
幸せです♪

 

<格安切れ端でリッチ明太子パスタの作り方>

  1. 安い明太子の中身を(全形の場合端を包丁で切り、切れ端の場合そのまま)小鉢や茶碗などにスプーンでかきだし、皮はとりのぞく。(あまり神経質にやろうとせず、適当でOK)
  2. 1に牛乳、豆乳、生クリーム、マヨネーズのいずれか(どれでもいいです)を少し落として、明太子と混ぜ、ゆるめる。隠し味に醤油を少しだけ垂らす。
  3. パスタを茹でてボウルにとり、明太子と、バター10gぐらいを3~4等分ぐらいにしたものを加えて、バターが溶けるまで混ぜる。
  4. 皿に盛り、刻み海苔を乗せる。

明太子パスタ

この方法で作ると、濃さが調整できるので、市販のペーストよりもずっと満足度の高いリッチな明太子パスタが、すごく安くで作れます。
明太子をほぐすのって、安いものをみつけて、あまり神経質にきれいにやろうと思わなければ、全然簡単で、苦になる作業ではありません。

お昼においしく頂きました♪

 

春菊と豚肉のスイートチリ炒めの作り方。

春菊と豚肉のスイートチリ炒め

生春巻きなどに使う、甘すっぱ辛い、スイートチリソース。
我が家では、

  • 炒めものに。
  • 生春巻きや各種サラダに。
  • 塩味の唐揚げにかけると、エスニックな唐揚げに。
  • フォーのツケダレに。
  • タルタルソースの隠し味に。(←コレおすすめです!)

など、使っていますが、昨日は、豚肉と春菊を、スイートチリソースで炒めました。
塩コショウ+スイートチリで、とてもいいおかずになります。

 

<春菊と豚肉のスイートチリソース炒めの作り方>

  1. 豚肉には塩コショウをしておく。
  2. 春菊は固い根元を落とし、4センチぐらいに切っておく。
  3. タマネギ、お好みのキノコを切っておく。
  4. フライパンを熱し、油を引き、豚肉を炒める。
  5. 色が変わったら、タマネギ、キノコを加える。
  6. 春菊を根元(茎)の方だけ先に加える。
  7. スイートチリソース(少しでOK)を加え、炒めて味を見る。
  8. 最後に春菊の先の葉のほうを加えて、すぐに火を止め、皿に盛る。

いつもの野菜炒めも、バリエーションが増えるし、調味料一本頼みで、ご飯が進む、おいしいエスニック炒めがすぐできます。

春菊と豚肉のスイートチリ炒め

今夜は、何か簡単なものや残り物をさっと食べて、寒いのでホットの梅酒でも飲んで、たまった書類の整理や読書などしようか思っています。
満月にいつもお財布の掃除もしているので、今日はひとりでそれも。

全国的に寒い夜のようです。
夫がヒートテックやレギンスを持っていってほんとによかった。
明日は、帰ってくる夫に、素朴であったかい煮物でも作っておこうと思います。

 

 

 

はてなブックマークへの返信>

id:sumahobonzinさん
ありがとうございます♪
今夜はいろんな場所で冷えているようですね。
ブログでもあたたまって頂いて、うれしいです☆

広告を非表示にする