kurashito~暮らしと

暮らしが幸せになるためのことを、日々追究しています。

手作り発酵バター入り、じゃがいものポタージュと全粒粉パン。

じゃがいものポタージュ、発酵バター入り

お盆休み。

朝食に、豆乳ヨーグルトの乳酸菌を使って、生クリームで手作りした、発酵バターが活躍です。

 

全粒粉もガンガン入れられる!

ホームベーカリーで9年ほど毎週末焼いている食パン。

今週は、うっかりkaldiの「はるゆたかミックス」という国産強力粉を買い忘れて、半量はるゆたか、半量が全粒粉、という今までやったことのない、全粒粉が多い粉の配合で、パンを作りました。

これまでの経験から言うと、全粒粉をそんなに多くすると、ふくらまなくて、ぎゅっとした、カチカチなパンになります。それはそれでいいような気もしますが、ハードパンならハードパンとして、もっとちゃんとオーブンで高温で焼きたい。

でも、前回、この記事のように、

普通の粉の配合で、豆乳ヨーグルトで作る発酵バターを 使ってパンを焼いたところ、ほんとにふわふわになり、びっくりしました!

なので、今回も乳酸菌に期待して、ありえない配合で、焼いてみました!

すると!

全粒粉が多くてもふくらんだ、乳酸菌入りのパン

まさかの、すばらしい膨らみ!

黒ゴマパンにしてみましたが、まったく問題なく、やわらかいパンに仕上がりました。

今回は、発酵バターではなく、豆乳ヨーグルトをティースプーン一杯ほど、その分水分を減らして酵母に加えてみました。

乳酸菌の力を借りて、もっと地粉をたくさん、とか、自由な粉の配合ができるかもしれません。

 

じゃがいものポタージュにも、発酵バター

そして、パンのおともに毎週、いろいろ作っている、スープ。

今週は、じゃがいものポタージュにしました。

いつものコンソメいらずの作り方に加えて、仕上げに、干し椎茸やガーリックを入れた発酵バターを加えて、風味をプラスしました。

 

<作り方>

  1. ルクルーゼに、オリーブオイル・にんにく・クミンシードやローズマリー・厚切りを細切れにしたベーコンを入れ、弱火でじっくり油を出す。
  2. たまねぎのスライス(みじんでもどちらでも)をたっぷり加え、海塩をふり、蓋をして弱火のまま蒸し煮する。
  3. 水分が出てから、白ワインを加え、ふたをとり、アルコールを飛ばす。
  4. 水(ちょうど大豆を水煮したところだったので、大豆の煮汁を入れました。)を加え、皮をむいてスライスして水にさらしたじゃがいもを加えて、発酵バターを加え、ふたをし、弱火でことこと煮る。
  5. 鍋のまま冷まして、冷めてから、ミキサーにかける。このとき、とろみ加減を牛乳や豆乳で調整する。
  6. 食べる直前に、牛乳や豆乳でのばして、あたためる。
  7. 仕上げにイタリアンパセリローズマリーなど、ハーブを散らし、胡椒をひく。

 

もちろんパンにも、発酵バター

前回作った、おつまみ系の塩味の発酵バター

 これはパンに塗ると、とってもおいしい!

 

気付けばあちこちに乳酸菌。

週末の朝食には、欠かせない感じになってきました。

最近、お風呂や植物にもますます欠かせなくなって、乳酸菌を2L×3本ほど常備するようになりました。

これからも乳酸菌生活、楽しみます♪  

 

 

 

 関連記事 

kurashito.hateblo.jp

 

広告を非表示にする